fc2ブログ
ある日突然意味不明の不快な臭いがわが家を充満。原因は自分の体臭と口臭。効果があるらしき物は手当たりしだいに試し、1年半で体臭と口臭を克服した壮絶な戦いの全記録。悩める人まずは読んで下さい。
最近体調が良いです。
だけどLGS(リーキーガット)はまだ治っていないみたい。

というか少し良くなっても、ちょっと我慢できずに甘いものを食べると、すぐに元通りになってしまいます。

カンジタ菌って繁殖力が強いのです。

だから治療期間が3か月~半年と決めたら、その間は甘いものは我慢して、糖質も減らすようにします。

問題は、その期間にカンジタ菌を除菌できればいいんですけど、そこは人によって除菌できる出来ないがあるみたいですね。

体質だから仕方がないのかな?

でもせっかく除菌できても、その後に甘いものをドカ食いしたり、元の食生活に戻ってしまうと、やっぱりカンジタ菌が増殖して元通りに・・・・・

LGSの治療ってメンドクサイです。

LGSで低血糖症ですと、ただでさえ食べるものがないのに。

あーもぉストレス溜まる(;´Д`)

で、そんな時に 「原始人食」が病気を治す (ヒトの遺伝子に適合した物だけ食べよう) という本を読みました。





本の後半にはリーキーガット症候群についてと、食事についての注意点が書かています。

しかも結構たっぷりと説明が書かれています。

読んでびっくり!!

さらに食べられるものが減りました。

もー何を食べればいいって言うの~??

食べるものないじゃん・・・(>_<)

という気持ちにさせられる本ですが、読んでよかったです。

だって大豆がいけないなんて書いてあるんです。

実は、アメリカの低血糖症の医師がLGSや低血糖症の人は大豆は食べない方がいいって公演しているのを、どこかで見た記憶があります。

YouTubeかな?

タンパク質補給のために大豆ペプチド(大豆プロテイン)を飲んでいる人も多いと思います。

知らないと怖いことってたくさんありますよね。

でも日本の低血糖症の先生に大豆は低血糖にもLGSにも良くないという説があるので食べたくないと言うと、大抵その説を「否定」されます。

どちらを信じるか?

その人の体質にもよるんでしょうけど。

LGSがなかなか治らなくて困っている人は、この本は一読の価値はあると思います。

「原始人食」が病気を治す (ヒトの遺伝子に適合した物だけ食べよう)


ちなみに在庫があったり無かったりで、私もやっと新品を購入できました。

2013年3月に出版されているものなのですが、興味がある場合は、廃刊になる前に入手したほうがよさそうです。

買えなかったらごめんなさいm(__)m





【2015/09/03 23:17】 | LGS(リーキーガット症候群)
【タグ】 LGS  リーキーガット  リーキーガット症候群  食事  
|
前回、寝ても寝ても疲れが取れない方は、副腎疲労症候群の可能性があるとお伝えしましたが。

★まだ読んでいない方はコチラ ⇒ 寝ても寝ても眠い、疲れが取れない・そんなあなたは副腎疲労症候群かも


副腎疲労で疲れが取れないとすれば、原因は


・食事
・生活習慣(夜更かし、運動不足)
・ストレス


大きく分けると、この3つになります。

ひどくなってしまった副腎疲労は、食事も生活習慣もストレスも全部改善して、ついでに良質なサプリを飲まないとなかなか良くならないと専門書にも書いてありました。

私も副腎疲労症候群ですが、まったくその通りで、どれか1つだけを改善しようとしても体調は良くならず、なにか1つだけでも漏れていると良くなりませんでした。

たとえば、食事を改善してサプリも飲んで、ストレスを溜めないようにしても、運動不足だと意味がなかったです。

なかなか全部を一挙にやることは大変なのですが、蓄積していく疲れが取れない方や、食生活が乱れている方におすすめの本があります。



医者も知らないアドレナル・ファティーグ(副腎疲労症候群)


この本は、たとえ副腎疲労症候群でなくても読んでおくと良い本です。


今まで自分が食べてきたものの中にいかに恐ろしいものがたくさんあったのかを思い知らされます。

どんなものを食べたらいいのか。
どんなサプリをどうやって飲めば効果的なのか。

今まで認識していた常識が覆されることも書いてありました。

たとえばコーヒーやカフェインレスコーヒーがどうして危険なのか、他の本には書いていない衝撃的なことが書いてありました。

今まで同時に飲むと良いとされていたサプリの○○と○○は、実は同時に飲んではいけないとか。


ひぃ~~~~(((゚Д゚)))ガタガタ ガクガクガク


知らないと怖いよ・・・ということも書いてありました。

○○に関しては著作権があるのでマナーとして本の中身は書けません。ごめんなさいm(__)m

複数の病気にかかっている人は、病気と病気が繋がっているからなかなか治りにくかったり。

本当にこの本は勉強になりました。

もっと早く読めばよかったと思った1冊でした。

もしあなたが、なかなか疲れが取れなくて副腎疲労かもしれないとか、サプリを飲んでも効かないとか思ってらっしゃるようであれば、一度読んでみるといいかもしれません。

ハードカバーのしっかりした本に内容ぎっしり書いてあります。

医者も知らないアドレナル・ファティーグ(副腎疲労症候群)





【2015/07/11 20:51】 | 副腎疲労症候群
【タグ】 疲れが取れない  副腎疲労症候群  副腎疲労  
|
寝ても寝ても眠い。
朝起きた時に疲労感で朝からグッタリしている。

夜遅くになるとナゼか元気になり復活する。

そんなあなたは、副腎披露症候群かもしれませんよ。

低血糖症やLGSの方は、すい臓と共に副腎も疲れ果てています。だから体のサイクルがうまく回らなくなって寝ても寝ても疲れて眠い。

1日中頭がボーっとしたり、朝は特に集中力がなかったりします。

副腎疲労の症状をまとめてみました。

・朝なかなか起きられない
・たっぷり寝ても、まだ眠い
・疲労感がすさまじい
・午前中は特にぐったり
・夜遅くになると元気になる時間帯がある
・夜眠れない、寝つきに時間がかかりすぎる
・集中力がない
・記憶があやふや
・最近物覚えが極端に悪くなった
・考え事ができない
・頭に霧がかかったような感じがする
・しょっぱいもの(塩味)が欲しい
・甘いものを食べたくて仕方がない
・コーヒー、紅茶などのカフェイン入りの飲料が大好き
・ジャンクフードが好き
・加工した食品を好む
・暴飲暴食
・ストレスが多い環境にいる
・精神的に追い詰められている
・立て続けにショックな出来事が起こった後から体調が悪い
・体調が悪く病院で検査を受けたら正常ですと言われた
・精神的に不安定で不安な気持ちが強い
・うつ状態だけど薬が効かない(必ずしも副腎疲労とは限りません)


これが副腎疲労症候群の代表的な症状ですが、意外に誰にでも当てはまることなんですよね。

疲労感というところが、個人差がありますが、今までとは明らかに違う蓄積されて、どんどん雪だるま式にひどくなっていく疲労感のことです。

たまに良くなって。

そしてまたひどくなります。

低血糖症やLGSの方は、副腎疲労にもなっていることが多いです。

私も、もれなく副腎疲労を患っています。

副腎はストレスに弱いので、気づかないうちに簡単に疲労してしまうとも言われています。

そんな状態で食べるものが悪いと、なおさら副腎には負担が大きくなってしまい、あっという間に副腎疲労という状態まで陥ってしまいます。

だから食べ物はすごく大切だし、ストレスを溜めないような生活も重要です。

自分で自分の体や心を痛めつけることのないようにするのは、簡単なようで、ちょっぴり労力がいります。

でも後から絶対に、あの時気づいてよかった!と思える日が来ますよ。

あなたがもし該当する部分があったら、少しづつでも改善できるようにやってみてください。



※上記は、副腎疲労の代表的な症状の例です。ご自分の症状があてはまっても、副腎疲労症候群ではない方もいらっしゃいます。念のためご了承ください。



【2015/07/09 13:01】 | 副腎疲労症候群
【タグ】 副腎疲労  副腎疲労症候群  寝ても眠い  
|
結論から先に言っちゃうと、カフェインレスコーヒーに騙されてはダメです。

栄養療法を始めたばかりの頃に何が辛かったかというと甘いものを断つことです。

でも3か月もすると不思議なことに砂糖中毒から脱して欲しくなくなりました。白砂糖だけでなく、黒糖、三温糖、甜菜糖など血糖値を乱す糖は食事から排除できました。

だけど、どうしても断つことが出来ずにいまだに困っているのがカフェインです。どうしても完全にカフェインを断つことができません。

最初の病院ではコーヒーは1日1杯までならOK。カフェインレスコーヒーなら、なおさら問題ないと言われました。

カフェイン中毒から抜け出さないと、この先もずっと副腎を痛め続けることになってしまうので、今は月に数回だけ、仕事で取引先にある時に出されたコーヒー(飲まないわけにはいかない)だけを飲んで、自宅ではノンカフェインのハーブティーで乗り切っています。

でもカフェインレスであれ、普通のコーヒーであれ飲んだその日は調子よくて元気もパワーも出ます。だけど問題はその日の夜です。眠れなくなるし、翌日からぐったり疲れます。

副腎披露の本 医者も知らないアドレナル・ファティーグ を読むと普通のコーヒーはもちろん、カフェインレスコーヒーも副腎を疲れさせるので飲んではダメと書いてあります。




これは私の主観ですが、飲むと体調が悪くなるので、カフェインレスコーヒーも体に負担がかかっているのは事実なようです。

ということで、また1つ楽しみが減ってしまいました。

栄養療法を続けていくと、確かに体臭もなくなって、体調も良くなりましたが、飲食の楽しみが減りました(;´・ω・)

野菜やたんぱく質が大好きならいいですが、元々がお菓子大好き、コーヒー大好きだったので、けっこう辛いです。気分的には精進料理しか食べられない修行僧的な感じです。動物性タンパク質が食べられるだけマシかな。←怒られそうだけど。

カフェイン中毒ってほんとに厄介ですね。


【2015/07/02 12:01】 | 低血糖症の食事
【タグ】 カフェインレスコーヒー  ノンカフェインコーヒー  デカフェ  
|
プロテニスプレーヤーで、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチのジョコビッチの生まれ変わる食事という本を読みました。

才能も実力もありながら、いつもいいところでアレルギーや喘息の発作を起こして、テニスコートで倒れてしまっていたジョコビッチが、食物アレルギーを克服してウィンブルドンで優勝するまでのストーリーが描かれた本です。

あまりに良書だったので、感想を書きますね。



ジョコビッチの生まれ変わる食事 (ノバク・ジョコビッチ署)



この本は、単なるアレルギーを克服したという内容ではなくて、NATTOの空爆を受けていたセルビアで少年期を過ごしたジョコビッチの戦争の恐怖、家族の愛情、自分を支えてくれた人々への感謝が綴られています。

普段、当たり前だと思っていることへの感謝の気持ちを忘れないジョコビッチの人柄も表れていて、ふと自分のことを振り返って反省したりもしました。

食事に関しては、ジョコビッチの体調不良の原因が、グルテンだということが判明したので、食事から小麦、乳製品、砂糖、白いもの(精製された食品)を排除し、さらにアスリートとして筋肉を維持するための食事内容に変えたということが書かれています。

食べる順番に関しても書かれていて、東洋医学では、それぞれの臓器を修復する時間があるため、この時間帯にこういうものを食べるのが良い、悪いなどについても書かれています。

ジョコビッチ自身がアスリートであるため、すべての人に同じ食事内容が合うとは限らないと書かれています。

が、偏った意見ではなく、基本となる食事内容は、アレルギー体質の方、低血糖症の方に参考になると思います。

何より、「アレルギーを克服して世界王者になった」という事実は心強いです。

現在の食品業界の恐ろしい状況などにも触れていて、そこまで書いてしまって大丈夫なの?と思ってしまうほど本当のことを書いてしまってます。

巻末にジョコビッチの食事内容が書かれていますが、外国人が食べる食事なので、ちょっと日本人には合わない部分もありますが、それを除いても、素晴らしい内容です。

テニスには全く興味がなかったのですが、こんなすごい人がいたと思うと、錦織圭も良いけど、ジョコビッチも応援したくなってしまいました(*^-^*)


・寝ても寝ても疲れが取れない
・解決しない体調不良で食事に不安がある
・小麦や乳製品を食べると具合が悪くなる
・パンや麺類を食べるとお腹の調子が悪くなる
・小麦や乳製品を食べると頭がボーっとして脳に霧がかかったような感覚がある
・年中、鼻水が出る(家は清潔にしている)


こんな症状がある方は、参考に読んでみるのもいいかなと思います。


【amazon】 ジョコビッチの生まれ変わる食事 (ノバク・ジョコビッチ署)



【楽天ブックス】ジョコビッチの生まれ変わる食事 (ノバク・ジョコビッチ署



【2015/06/08 13:15】 | 食物アレルギー
【タグ】 ジョコビッチ  アレルギー  ジョコビッチ本  ジョコビッチ食事  
|